読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無口な彼は・・・

あまり話をしない男の話といえば。
ウチの生徒で、まだ小学4年生の男の子。その子は両親とも中国人で、学校の授業では先生の話す日本語についていけず、ウチの塾にやってきた子。

彼は、ほぼ、人と口をきかない。
発言せざるをえない場合にのみ、それもたまにだけど、掠れるような声を出して一言言うだけ。

あたしはその子と話をするのが楽しくてならない。

声を発することをしないその子とどうやって話をするんだと言われそうだけど。全然出来る。だって彼は、あたしの言葉に対して、イエスのときにはコクっと頷き、ノーのときにはブンブンと首を振るから。

しかもその反応はこっちが気持ちよくなるほどの速さ。コクッ! ブンブン!みたいな(笑)彼はサッカーをやってるので、反射神経がすこぶる良い模様。

昨日漢字の練習につきあっていたときのやりとり。

「よし、じゃあ新しい漢字だから、まずここの薄いところをなぞって形の練習するよー」

バサッ。カリカリカリ・・・←とりあえずあたしの言うことに逆らって演習問題を解き始める。

「ちょっと、まだ習ってないんだから練習からしときなさいよー」

ブンブンッ

「だってこの漢字見たことないでしょー?」

ブンブンッ

「え?あるの?」

コクッ

「あ、ほらここ違うよ」

バッ・・・カリカリ←訂正しようとしたあたしの手を払って自分で修正した音

「なんだ、わかってんじゃん。わざとでしょ?」

ブンブンッ・・・・・・・・カリカリカリ←「クラス委員長を務める」の読み方を「クラス委員長をいじめる」と書いた音

「いじめんなよ!(笑)」

ククク←顔を伏せて笑いをこらえてる

「あなた学校で委員長とか虐めてるんじゃないの?」

ブンブンッ

「いじめてないんだ?」

コクッ

「ならよし」

・・・ってな具合(笑)楽しいよ?(笑)
(#゚ロ゚#)ね?