読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

贅沢な1日

昨日は昼と夜とで、それぞれ別のお友達と食事をした。

昼に会った友達は小学1年生の時からの友達。当時は近所に住んでいて、登下校はいつも一緒だった。小学校からの友達は、その子だけ。当時もっと色々友達はいたのだけど、その子たちとの関係は自然消滅した。

今ではその子は名古屋に住んでいて旦那さんと子供と犬が一匹いる。そのために行動の制限が多くてなかなか気軽に会えなくなってる。今回は東京の旦那の実家に帰省していて会えた感じ。

ふるいにかけられて残ったその友達との時間はやっぱり楽しくて癒された。不思議なのは、特別いい話や深い話、ためになる話、愚痴り合いや恋愛話とかをしたわけではなく、目の前の料理や今の現状とか、一緒に連れてきた子供や犬についてのツッコミとか、そういう話だったこと。大抵その子とはそうなる。

でもそれで良かった。大事なのは、会って直接会話を交わして、同じ空間を一緒に楽しむこと。友達だけじゃなく、恋人とのデートでも、私はそれが一番大事に思う。

夜に会ったお友達は、もう50を超えた女性。前の職場で仲良くなった人。お子さんが2人いるけれど、私のことを娘のように可愛がってくれている。

1年ぶりに会ったけれど、変わらず元気でいたことが何よりも良かった。この人との飲みは、子供の話や、仕事の愚痴り合い、恋愛話をすることが多い。お酒が入ると人は生々しい話が楽しくなる。お互いの近況が知れて、それを共有して、頷きあう。そんな時間。

それもすごく良かった。本当に気心が知れている人でなければ、そういった話もただ下品だったり表面的でつまらなかったりするけれど、その人とだから、実感や共感が強くなって、楽しい。

そのあと、近所のスナックにカラオケをしにいった。その人の地元なので、その人と繋がりのある人たちが集まっていて、そういったおじ様やおば様方に囲まれつつ、笑ったりしみじみしたりしながら、贅沢な時間を過ごした。

そこにいた、もとPTA会長のおじ様の歌声がめちゃめちゃ良い声で、胸に沁みた。おじ様の歌声に聞き惚れたのは生まれて初めてかもしれない。

その人は50半ば、もう1人、その辺りの地主をやってるおじ様もいて、その人は60越え。どちらもあたしのお友達と長い付き合いがあって、楽しくお話をしてくれた。

2人のおじ様は、色っぽくてとても素敵だと思った。格別に容姿が整っているとかではないし、中年らしい肉付きの身体で、年相応の見た目ではあるけれど、でも色っぽい。合いの手やギャグも絶妙だった。こういう人はいつまで経ってもモテると思う。

面白かったのが、あたしが歌っているときは、ニコニコして頷きながら聞き入ってくれていたのに、他の男性客が歌いだすと途端に嫌そうな顔をしていたことだった(笑)男の人って面白い。

最後はそのお二人が私たちの分まで支払いをしてくれていた。最後まで紳士(?)な対応に感動した。また会いたいと思える人たちだった。

人との繋がりや出逢いに対する喜びやありがたさをひしひしと感じた、そんな日だった。

東京の街は、冷たいとかってよく言われるけど、私が出逢ったのは、人情に厚い、優しく小粋な大人たちだった。