読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余計なお世話

子供の時って、大人がいつも助けてくれて、育て世話してくれて、聞けば何でも教えてくれるもんだから、それが「当たり前」「普通」になっていく。

「それが大人の務めでしょ」と吐き捨てて際限なく甘える子供と、「いい加減甘ったれるな」と怒る大人。

スポーツしてる子だったら、自立するのにあまり苦労しない。スポーツは自分がどうにかしなきゃどうにもならないものだから。

勉強については、現代社会では大人のサポートが手厚すぎると思う。子供自身で考えて生み出さねばならないものを、先生や親が先回りして何から何まで用意してる。まるでお母さんが準備してくれてる暖かい夕食のように。

そうでなければ苦情も来るしね。今って。でも世話って、必要最低限を越えれば、それはむしろ害悪なのだと、今では子供らを見ていて思う。

これは世間に対する警鐘というより、自分自身の反省。ちょっと世話やき過ぎたわぁ。自分のやり方を見直す時にある気がする。
(#゚ロ゚#)そんな日々。