読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫の話

不倫の話。
あたしは前の職場に大好きな人がいた。
なんなら今も好き。連絡は取ってないし知りもしないけれど(笑)

その人はね、既婚者です。
当時は、その人とどうにかなることを夢見ながら、その人との時間を楽しんでいた。でも、あたしは自分の気持ちをアピールしたり、仄めかしたりしたことは一度もなかった。(少なくとも意識的には(笑))

考えてた。他の人と契約を結んでいるその人と、こっそりお付き合いすることや、離婚を促すようなことを、あたしはするのか。したいのか。

欲求はあった。触りたい、触られたいって思ってた。二人だけの世界にワープできたら、どんなにか幸せだろうと思ってた。もちろんそんなことは不可能だけど。不可能な範囲でしか彼との関係を考えられないほどに、あたしのなかで「不倫」というのは実行にうつすのに抵抗が大いにあったんだと思う。

それは相手の奥さんの気持ちを考えてとか、そんな優しさ思いやりの類じゃなくて、単純に自分が大事だからというだけ。相手の奥さんは、なんならどうでもいい(笑)だからヤキモチさえ焼かなかった。

他の女性との契約を引っさげたその人に、あたしはあたし自身を差し出すことに堪えられはしない。それは本当に気持ちの悪いことだと思った。

だから結局、あたしは何にもしなかった。でも本当に大好きな人だから、また会いたいなぁなんて、思ったりしてる。

あたしはこれまで、本気で好きだと思えた男が2人いる。そのどちらからも、私はなぜか「大好き」と言われたことがある。どちらもシャイで、決して人懐こいタイプでもない、どちらかといえば捻くれた、黒猫みたいな人達だったけれど。そういってもらえただけでも、あたしは幸せ者なのかもしれない。

そのどちらとの恋も、成就しなかった。どっちにも既に相手がいたし、あたしはアピールがヘタっぴだった(笑)
(#゚ロ゚#)あーあ。

でも成就を見なかった恋って、本当に綺麗で、つい大事にしたくなるね。彼らとの思い出を、あたしは何度反芻したかわからない(笑)

こんなんでもね、こんな恋でもね、あたしは幸せだったよ。本当に。
自分のことさえちゃんと大事にしてたら、またいつか素敵な恋ができると思うの。それを楽しみにしてる、今日この頃。
(艸д゚*)ふふーん♡