読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんせい、おこらんといてな。

ウチの塾では、備品が消えることがよくある。新しく買ったばかりのペン、キャラクターのスタンプ、ハサミなど。生徒が「誤って」持って帰っている場合もあるけれど、キャラクタースタンプが1セット消えたときには、さすがにスタッフ一同、「盗難」だと確信…

怒りと失望の理由2

あたしが猛烈に怒り、失望した理由。その同僚Sはね、謝るの。見事に。済まなそうに。あたしの冷めた切り返しにも、「返す言葉もない」と手を合わせて深々と頭をさげる。きっちりと型どおりに、綺麗に謝る。その場では言い訳などしない。しかし、全く別のタイ…

怒りの理由

あたしは仕事には、営業時間開始前の2時間以上前に来て、その日の準備をしてる。どの準備が一番大変で時間を食うかと言えば、やっぱりそれは生徒たちの授業の準備。普通他の塾では、担当のアルバイト講師が自分で授業の準備をしたり、子供らのカリキュラムを…

灰色の街

今日は本当に天気が良くて、コートなんかもいらないくらいの暖かさで、だから春めいた格好で浮き足立って街を歩いてやろうと思い立ち、上下白でコーディネイトしてお出かけ。で、ふと見渡すと、みんな黒!!もしくは暗い茶、暗い緑!!あたしは浮きまくりな…

見破られし大人の傲慢

先日、いつもの捻くれ小学生に国語の授業をしていたときのこと。その授業では「教育における『見留める』ことの重要性」がテーマの論説文を扱い、彼に読解してもらった。その論説文いわく、「褒める」「叱る」という評価を下す前に、その根拠となる事実を「…

星に手を伸ばす子ら

子供と一口に言っても、彼らの成長は本当にそれぞれ全く違っていて、そばで見ていて本当におもしろい。中学1年生にもなるのに、まだ駄々っ子のように大人に甘えきっている子もいれば、まだ年端もいかない小学生の子が、自分の人生の舵をしっかり握っているこ…

まだ大人でない君へ

先日、ある小6の男の子に国語の授業をしていたときの話。「二つの対比的な物事の相違点を考える」というテーマの授業。そのなかで、「大人」と「子供」を対比させて、その違いをその子に5つほど考えてもらった。見た目の違い、体力の違いなどを挙げてくれた…

無口な彼は・・・

あまり話をしない男の話といえば。ウチの生徒で、まだ小学4年生の男の子。その子は両親とも中国人で、学校の授業では先生の話す日本語についていけず、ウチの塾にやってきた子。彼は、ほぼ、人と口をきかない。発言せざるをえない場合にのみ、それもたまにだ…

男は黙って・・・

よくしゃべる男の人って、一般的にはモテる傾向にあるみたい。テレビや周囲との雑談でも、「無口な人よりはたくさん話してくれる人がいい」ってよく聞くし。えー、そう?(笑)よくしゃべる男の人って、あたしはタイプとしては好きじゃないなぁ。単純にうる…

不倫の話

不倫の話。あたしは前の職場に大好きな人がいた。なんなら今も好き。連絡は取ってないし知りもしないけれど(笑)その人はね、既婚者です。当時は、その人とどうにかなることを夢見ながら、その人との時間を楽しんでいた。でも、あたしは自分の気持ちをアピ…

恥知らずな大人は救えない

ウチの塾には、発達障害のある小学生の女の子がいる。といっても、あたしから見れば、その障害の度合いはかなり軽度に見えるのだけれど。あたしが勤め始める以前の彼女は、塾でもそのほかでも、色々問題を起こしていたらしい。具体的な話は控えるけれど。そ…

やりたいことをただ垂れ流しているだけ

人の作品に触れることで、絵を描きたい衝動に襲われることは度々ある。今考えているのは木炭画。難しくて面白い。ただ、それなりの忍耐力が必要。久しぶりすぎて手が鈍りまくってるから。アクリルガッシュやクレパスを使った、色の洪水みたいな絵も、また描…

音を浴びろ!音に浸れ!音で溺れろ!

今日は、私が愛してやまない唯一のアーティスト、エゴラッピンのライブに行ってきた。超気持ちいい!!とは、まさにこの瞬間のために溜めておくべき言葉ね。最高に気持ちよかった。酔った。酔いしれた。音楽と一体になって、身体が揺れる、踊る、跳ねる!(…

だからってどうというわけじゃない

「あんたには教育というものに対する信念はないのか」先日、ウチに最近入塾した子の祖父にあたる人から、電話口で言われた言葉。信念。ないなぁ(笑)でも「ありません。そんなもの」とでも答えようものなら、おじいさんの火に油を注ぎそうだったので、私は…

なんとなく始めてみたものの

使い方わかんなーい(笑)(#゚ロ゚#)どーすんの?!